【インターネットFAXとパソコンFAXソフト】違いは何?

パソコンFAXソフトは、電話回線を使用してパソコンからFAXを送信するためのソフトです。パソコンにパソコンFAXソフトをインストールして利用します。
パソコンFAXソフトは、多数のソフト開発・販売会社から商品が市場に出ています。
そのソフトによって操作や機能が異なり価格も違います。
十分に検討してから購入する必要があります。

 

回線の違い

インターネットFAXもパソコンからFAXを送信するものとしては、パソコンFAXソフトと同じです。しかし、インターネットFAXはインターネット回線を利用してFAXを送信します。パソコンFAXソフトは電話回線を使ってFAXを送信します。

 

費用の違い

パソコンFAXソフトとインターネットFAXの最も大きな違いとしては、インターネットFAXは利用している限り、サービス会社に使用料を支払い続けなければなりませんが、パソコンFAXソフトは初めにソフトを購入したら使用しても費用を払う必要はありません。

 

最初にソフトを準備するだけの費用で、あとは通常の電話回線の使用料金で済みます。

 

準備品の違い

そして、インターネットFAXはインターネット環境があれば準備するものはありませんが、パソコンFAXソフトはFAXモデムが必要です。
FAXモデムが必要なパソコンFAXソフトですが、電話回線はどんなものでも対応可能です。電話機やFAX機が接続されている電話回線なら、ISDN回線や光ファイバーなど種類は問いません。

 

インターネットFAXはインターネットは接続できてもISDN回線は使用できません。インターネットFAXはデジタル回線には対応していないからです。

 

パソコンで作成した原稿をそのままFAXできるのはパソコンFAXソフトもインターネットFAXも同じです。ペーパーレスのメリットはどちらも変わりません。
近年は光回線やADSL回線などでインターネット接続することが増えたため、FAXモデムを使ってインターネット接続することは少なくなりました。

 

そのFAXモデムを準備しなければならないのが、パソコンFAXソフトを使うときの大きなネックかもしれません。
FAXモデムは利用する電話回線に合ったものを用意します。