インターネットFAXのデメリットを克服するコツ

インターネットFAXは大幅なコストダウンも期待できて、特にデメリットはなさそうな気がしますが、使ってみると不自由を感じることもあります。

 

常時接続環境を整える

まず、時間を問わずFAXが送信されてくるような場合は、24時間インターネットに接続されていなければなりません
インターネットに接続されているパソコンなどの端末も電源が入っている必要があります。
ビジネスなどで利用していて、日時を問わずFAXを受信する必要がある場合は、常時インターネットに接続していて受信する環境が必要です。

 

常時接続のインターネット環境がない場合や、パソコンで受信する人であれば常に電源を入れておく必要があります。
この環境を整えるのにコストがかかる可能性もあります。

 

ただし、最近は個人でもインターネットの常時接続は当然になっていますし、パソコンだけでなくスマートフォンや携帯でも受信できますので、パソコンの電源が入っていないときはスマートフォンで受信するようにしておけば、特に問題ではない人もたくさんいるでしょう。

本当にコストダウンになるかどうか確認する

コストダウンを期待してインターネットFAXを利用するときに確認したいことは、たとえば同一市内へのFAX送信が多いという場合は、従来の電話回線を使う方が安くなることがあります。
これは導入するときに確認したいことです。

 

手書きのFAXを送る頻度を確認する

そして、最大のインターネットFAXのデメリットといわれているのが、手書きのFAXを送れないことです。
手書きのFAXを送る場合とは、たとえば通販のカタログなどから注文を行うときに、注文書に注文する品物の番号などを記入してFAXを送信します。

 

インターネットFAXではこの使い方ができません。

 

たとえば、建築などの図面、設計図などを送りたいというときにも、インターネットFAXでは送ることができません。
まず送信したいものをスキャンして送らなければなりません。
枚数が多い場合はスキャンをするのも大変ですから、そんな人にはインターネットFAXはメリットがないかもしれません。
この点は、インターネットFAXの特徴として覚えておいて、導入の際にしっかりと検討したいですね。